■有古特許事務所 : □Japanese □English

■上海HANQIAO・上海ARCO : □Chinese □English

特許出願サービス


特許法では自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものを保護の対象としています。特許権は出願日から20年(発明の種類により25年)まで維持することができます。 当事務所では、特許出願に関する相談から調査、特許庁からの各種通知への対応、登録後の管理、訴訟や警告への対応までサポートします。

 

■出願から特許権取得と維持

特許権を取得するためには特許庁へ出願の手続きをしなければなりません。
しかし、日本国では出願をしただけでは特許庁で審査は行われず、特許権は取得することはできません。出願をすると、方式の審査はされますが、審査請求を行 わないと特許の要件を満たしているか否かの審査には入りません。審査請求を行い、特許庁での審査(新規性・進歩性の有無)に通れば特許査定がなされます。

その後、特許料を納付することで特許権が取得できます。方式に不備がある、特許の要件を満たしていない、特許料の納付が期限内に行われない、ということがあれば特許権は取得できません。
特許権は、登録の日から発効し、出願から満20年の日まで維持できます。特許権を維持するためには特許庁の定める特許料(年金)を毎年納付しなければなりません。(数年分まとめて納付することも可能)年金が納付されなければ、特許権は消滅します。

 

■出願から特許権取得までのフロー

※1 補正書にて補正可能。不備が補正されなければ却下処分。
※2 意見書にて反論、手続補正書で明細書の補正が可能。
※3 年金を支払い続ければ出願から満20年の日まで特許権の維持が可能。

TOP
Copyright Patent Corporate Body ARCO PATENT OFFICE 1996-2010, All rights reserved